子どもの居場所を支援する新事業開始のお知らせ

那覇社協で子どもの居場所を支援する新事業がスタート 

「糸」と連携し、支援体制を拡充

 那覇市社会福祉協議会は2020年4月、子どもの居場所を支援する新事業「こども食堂等支援事業」を始めました。

地域福祉課の浦崎が担当し、子どもの居場所を支援したい企業団体との連携強化や、企業からの寄贈物資や支援をスムーズに居場所や子どもたちに届ける環境整備などに取り組みます。

 那覇社協が2016年度から取り組んでいる、居場所立ち上げ支援などを担う 子どもと地域をつなぐサポートセンター糸 と事業連携しながら、居場所の運営継続につながる仕組みづくりをより進めていきます。

 新事業は休眠預金を財源にした日本民間公益活動連携機構(JANPIA)の事業の一つで、一般社団法人全国食支援活動協力会を通した本助成事業では、那覇社協のほかに福島県、大阪市、北九州市の計4団体が実行団体に採択されました。

 事業関係団体や県内外の企業団体との連携、情報共有にも力を入れていく予定で、さっそくアサヒグループの企業などから食品寄贈の支援がたくさん届いています。

 子どもの居場所を支援したい企業や団体、事業に興味がある人がいましたら、お気軽に那覇社協の浦崎までご連絡ください。

こども食堂サポートセンター那覇

事務局:社会福祉法人那覇市社会福祉協議会
相談エリア:沖縄県那覇市
電話番号:098-857-7766(担当:浦崎)