Yahoo!ネット募金 佐藤 健が応援 ~新型コロナウイルスの影響による子ども支援~ レポート④

こども食堂サポートセンターを通した、子どもたちの居場所づくり支援に心を寄せてくださり、本当にありがとうございます。

第四弾レポート、お届けします!

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

🌸愛知:子ども食堂ネットワークあいちさんより

📧寄付者の皆様へ

このたびは、コロナ禍により活動の自粛を余儀なくされている子ども食堂を支援するためのご寄付を賜りましたことに心から御礼申しあげます。

貴重なご厚志につきましては、あいち子ども食堂ネットワークの会員が実施するフードパントリーの食材を購入して配付させていただきました。

あいちネットワークの会員は、子ども食堂ができないなら変わりになること何かできないかと、レトルト食品などを購入してフードパントリーや弁当の配達などに取り組んできました。

しかし、定期的に実施するには資金的に難しくなっており、このたびのご支援が大きな力になりました。

感染予防の措置を取りながらでも楽しい食堂が一日でも早く開始できるようにと願っています。

「すべての子どもたちの笑顔のために」を合言葉に微力ながら活動を続けていきたいと考えています。今後とも、ご支援とご鞭撻を賜りますようにお願い申しあげます。

早くこの事態が終息し、安全な日々を取り戻したいと願ってやみません。

貴団体の益々のご発展とご健勝を祈念申しあげて、御礼とさせていただきます。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

🌸山口:山口県こども食堂・子どもの居場所ネットワーク

📧

山口県内には、現在60カ所以上のこども食堂と子どもの居場所がありますが、3月以降の一斉休校や市の管理している施設の閉鎖などにより、ほとんどのこども食堂は本来の活動ができていません。

しかし、休校中に給食がなくなり、お昼ごはんに困った子どもたちや、家にいる子どもの世話や営業自粛による仕事の減少で収入が減った上に、食費が増加して、特に大きな影響を受けたひとり親世帯を応援しようと、あちこちのこども食堂が手作りの弁当を配布したり、地元で集めた食材料やフードバンクから調達した食品を配布するフードパントリ―が取り組まれました。

こうした活動に必要とするマスクは、4月頃は値段が高い上にほとんど手に入らず困っていましたが、今回の助成金をいただけることになり、早速マスク2,000枚を購入し、希望した40カ所のこども食堂に送付しました。

おかげ様で弁当配布の際にとても助かったとの報告をたくさんいただきました。

本来のこども食堂を再開しようとする動きもあり、十分な感染防止対策のため、消毒液の購入やさらにマスクの購入などが必要となってきましたので、今後も助成金を有効に使わせていただき、こども食堂へ届けてまいります。

ありがとうございました。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

🌸東京:NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク

📧

私たちは地域の子ども食堂、学習支援団体が連携して2年前からパントリーピックアップを実施してきました。

これは企業が食べられるにも関わらず廃棄してしまう食材をフードバンクから調達し、ひとり親家庭をはじめとるす経済的に困窮している家庭に食材を取りに来てもらい、新たなコミュニティと役割を共創してきました。今までは食品ロスと子どもの貧困問題という2つの社会課題をパントリーピックアップでつなぎ、活動を継続できました。

しかし、全国の学校が休校となりパントリーのニーズも高まりました。そのため、フードバンクから食材調達が難しい状況となり、給食に代わる食材を購入せざるを得ない状況となりました。

皆様のご寄附を原資に食材を調達し、届けることで多くの子育て家庭が笑顔になりました。

地域の子どもを地域で見守り支える活動にご協力いただき、ありがとうございました。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

🌸山梨:一般社団法人育みの会

📧

にじいろフードパントリー甲府の活動を実施しました。

大量の食材の支援を頂き、運ぶのが大変だったため、バンのレンタカーを借り移送をしました。

助成して頂いたおかげで、大量の食材をいっぺんに運ぶ事ができました。

また今回のパントリーで母子家庭の方からお礼のメッセージが届きました。

***********************************

先日のニュースで食糧支援のことを知り、私も申し込みをさせていただきましたが、想像していたよりも食材の量がとても多くて驚きましたし、大勢のボランティアの方々がご尽力いただいている様子を目の当たりにし、本当にありがたいなぁ…と、帰り道、胸が熱くなりました。

いただいた食材を大切に使って、子どもたちと三食しっかりご飯を食べて、毎日を健やかに過ごしていきます😄

***********************************

「会館こども食堂」で配布した100円弁当です。

母子家庭世帯21世帯、60人に支援することができました。

電子レンジ対応の包材を使っているので、温めて美味しく食事を取って頂けました。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

🌸福岡:NPO法人チャイルドケアセンター(ふくおか筑紫フードバンク)

📧

福岡県筑紫地区(大野城市、春日市、太宰府市、筑紫野市、那珂川市)の38団体が所属する「こども食堂ネットワーク」の事務局として、広い地区での支援活動につなげています。

この度は皆様のあたたかいご寄付でフードパントリーを行うことができました。必要な配布用のビニール袋や食材運搬費用などに使わせていただきました

「明るい気持ちになれました」
「買い物に行く回数を減らしたかったので助かります!」
「こどもの嬉しそうな顔を見て、ホッとしました」
と皆さん、晴れやかな笑顔でした!

安全にこども食堂を開催できる日が一日も早く来ることをスタッフ一同祈っております。

優しい気持ちはどんどんつながっていくことがわかりました!


20,054人という本当に多くの方々からのご支援、温かい気持ちと励ましを頂きましたことに、心より感謝申し上げます。

佐藤 健さんが、本プロジェクトをパートナーとして一緒に推進してくださるというご縁をいただき、皆様の想いをさらに大きな力に変えることができました。

私たちは、「食」と「居場所」を通した支え合いコミュニティが広がるよう、今後もこども食堂サポートセンターの活動を継続してまいります。

寄付者の皆さん&佐藤 健さんへ、心込めて「ありがとう」!!

事務局(運営団体)

〒158-0098 東京都世田谷区上用賀6-19-21
一般社団法人全国食支援活動協力会内 「広がれ、こども食堂の輪!」推進会議事務局
電話(祝日を除く月~金曜日 9時~17時):
E-mail:kodomoshokudo.tour@gmail.com